アウディ 値引き

アウディの値引交渉

アウディを新車で購入する、胸が高鳴りますね♪
誰もが羨望の眼差しで見つめる高級車に乗れるなんて羨ましい限りです。

ただ購入時には、誰もができるだけ安い金額で買いたいと思うのも事実でしょう。

新車は値引き交渉によってある程度安く買えることは一般的となっていますが、車種によって値引き額は大きく異なりますし、同じ車種でも交渉の仕方によって大きく値引き額が異なるのもまた事実です。

近ごろでは、その人気ゆえ納車待ちが3ヶ月以上と噂される人気車種もあり、値引きの交渉も一筋縄ではいきません。
輸入車の場合、色やグレードによって本国からの輸入の状況にも左右されるため、なおさらです。
発売開始直後は値引き0円の車種もありますし、発売から時間が経過すれば値引き条件も緩みますが、それでも人気車種では、黙っていれば▲数万円で終了、という事もよくあります。

でも交渉次第では、さらに10万円、いやそれ以上引き出せるケースもあるんです。
もちろん普通に見積もりをとっても、この値引き額を引き出すのは困難です。

車の購入が決まっって、テンションが高くなってしまい気持ちが大きくなり、また知識がないために、ディーラーの営業マンの言いなりで交渉を進めていけば、間違いなく最大限の値引き額は引き出せません。
その結果、同じ車種でも数万円〜数十万円も値引き額が異なることも珍しくないんです。

それでは、どのようにしたら良いのでしょう・・・? ここでは、商談に臨む3つのポイントを紹介します。

知っておくべきポイントその@

ここではアウディの中でも根強い人気を誇るA4を例にとって説明します。
A4と一口に言っても様々なバリエーションがありますが、値引額は15〜25万円程度が一般的なようです。
実値引きのほかに、交渉次第ではオプション品やコーティング等のサービスを受けられることもあるようですが、A4はアウディでもっとも売れている車種ということもあり、値引条件は厳しいまま推移することが予想されます。


車の商談≒値引き交渉は、あなたと営業マンがお互いに顔を合わせながらの腹の探り合いです。
結局はセールスマンとあなたとの間に信頼関係が生まれなければ、A4の商談で納得のゆく好条件が発生する訳がありません。
まずは担当の営業マンにいろいろ相談して懇意になってください。
ただし、営業マンは交渉のプロなので、こちらのペースで話を進めていくためには、事前の下準備で武装しておく必要があります。

そのための効果的な方針として1つ目のポイントは、

@ 強い購入意思を伝えるために期限を定めて交渉する(例えば今月中には契約を考えている、など)。
そうすれば交渉が速いテンポで進み易くなり、先方の条件提示なども迅速になります。
また一般によく言われる、3月・9月・12月は、やはりどこのディーラーも数字の追い込み時期なので、値引交渉においても無理がきく場合が多いようです。

知っておくべきポイントそのA

アウディのディーラーでは、ノルマ達成のために一台でも多くのA4を売りたいのは当然です。
ということは、A4のライバル車が売れることを何としても阻止したいと考えていますから、担当者に「少しでも安い金額を提示しないとライバル車に取られる」と強い危機感を感じさせることが大切です。

そこで2つ目のポイントは、

A ライバル車の見積りをとり、総額次第でどちらにするか迷っている素振りを見せる。

仮に他の車を買う気がなくても、ライバル車と比較検討することで、先方に主導権を握られないようします。
A4の代表的なライバル車といえば、M・ベンツCクラスやBMW3シリーズ、さらにはシトロエンC5あたりが該当しそうです。

ただ、買う気がないのに他車の見積もりを取得するのは面倒ですし、気が引けてしまうこともあるでしょう。

そんなときには、オートックワンの新車見積もりサービスがおすすめです。

家に居ながら、あなたの都合の良い時間に、ネットのフォームに簡単入力するだけで、ライバル車はもちろんアウディの他店の新車見積もりがとれるので、忙しいあなたでも大丈夫。
完全無料のサービスですから、気軽に利用してください。

この資料を手に商談すれば、ディーラーはそれよりも多く値引きするしかありません。
きっと、あなたの希望額に届くはずです。

家にいながらかんたん新車見積もり!

↓↓↓オートックワンはこちら↓↓↓





知っておくべきポイントそのB

車の値引き交渉で、もっとも有効な手段は下取り車があることです。
見積書上に明記される値引き金額に関しては、アウディジャパンからの指導もあり、販売側でA4各車としての上限が決められているので、あとは下取り査定額をアップさせることでトータル金額を安くします。
ただ下取り価格をアップさせると言っても、あなた自身が現在の愛車の適正価格を把握していなければ、結局先方の言いなりになってしまいますよね。

そこで3つ目のポイントは、

B あなた自身が事前に現在の愛車の適正な価格を調べておく、ということ。

ここでおすすめなのが、ズバット車買取比較
このサイトを利用すれば、簡単な情報を送信するだけで、複数の買取業者からあなたの愛車の査定が受けられます。
入力はたった1回、あとは査定業者からの連絡を待つだけなので、余計な手間はかかりません。
さらに、ズバット車買取比較はサポート体制が充実しているので、安心感が違います。
事故者や不動車だって査定が受けられるから、とにかく利用してみてください。

ディーラーなどでは、下取り査定手数料を取るところもありますが、ズバット車買取比較なら完全無料で査定が受けられます。
もちろん査定後に、売る・売らないはあなたの自由。

目標はアウディの購入総額を限界まで下げること。

だからディーラー査定の方が高額ならば、そのまま下取りしてもらうも良し、下取り査定に不満なら買取店に売却するも良し。

ただ一般的にディーラーが提示してくる下取り価格は、規定の査定表に従った価格なので、あまりにも低額だということ。
特に3回目の車検を迎える車、つまり7年落ち以降の車については極端に安くなってしまう傾向があるようです。
もちろん交渉において、担当者の努力や人脈次第で金額の上乗せができるのですが、それだけでは心もとないですね。

やはり事前に現在の愛車の下取り価格を把握しておくことが、スムーズな商談に結び付くでしょう。

ちなみに自身の経験でお話しすると、ディーラーの下取り査定額10万円の10数年落ちの輸入車が買取専門店では36万円と査定されたり、別件で、ディーラー査定150万円の4年落ちの輸入車が、買取専門店では205万円と査定されたことがあります。
この査定金額の差、驚きですよね!
もちろん両ケースとも、買取専門店に売却して買い替え資金に充填しました。
実際こんなことは珍しくなく、普通に起こっているのです。

あなたの愛車を高く売る!

↓↓↓ズバット車買取比較はこちら↓↓↓



いざ、商談へ!


輸入車購入では、見積書の上だけで値引き額を検討するだけではなく、最終的な総額を安くすることを目指しましょう。

以上3点のポイントを押さえれば、値引交渉の下準備はOK!
自信を持ってアウディの商談に臨んでください。




 

サイトマップ